八角盛り塩の効果とは!?置く場所はここがお勧め!

盛り塩ってどんな効果なの?置く場所はどこがいい?

商売をしているお店などの出入口などでよく「盛り塩」が見られます。

風水は数千年前から中国からの由来で、運気を上げるための、「環境開運学」なのですが、方位によってはNGだったり、変えられないポイントであったりします。

盛り塩の効果は、そんなNGの場所に置けば、厄を落としたり、パワーアップをするという効果があります。

盛り塩の正しい置き場所
・基本的にどこに置いてもかまいません
・対でなく、1つでも十分な効果があります。
・観葉植物や、棚の中など、見えない所においても効果があります。
・玄関には四隅に置くことで、エネルギーが高まりますので試してください。

ただし、古くなった塩をずっと置いておくと凶の力が強くなり、返って良くありません。

できるだけ、1週間に1度は取り換えるようにしましょう。

八角盛塩とは!?

風水において八角形は「世界」を意味してすべての良い運を引き寄せる力があると言われてます。

風水だけでなく、科学的にも八角形は「最も安定する形」と言われていて、盛り塩の効果を最大限に引き出し、家の気全般を調節し、運気を上げると言われてます。

八角盛り塩の作り方もすごく簡単で、カップの中に粗塩を入れてポンと裏返せばすぐに作れます。

お皿は2枚付いてますが、足りない時は白い小皿だったら100円ショップに行ってそれを使っても大丈夫です。

それを、お家の鬼門、玄関、トイレ、お店など色々な場所に置いてみて下さい。

置くだけで厄除け、家内円満、事業成就、千客万来、さらには金運を引き寄せることでしょう。

八角盛塩セットの口コミ

・盛り塩を作るカップも初心者の私でさえ、1度できれいに作ることができてとても嬉しかったです。

天海の塩という粗塩を使って、水は使わず、塩だけで作り、3分の2くらい先にぎゅうぎゅうと固く押して残りの塩を押し付けて皿にふせて、お皿とカップをしっかり押さえて上下に振りおろし、カップを持ち上げるときれいな盛り塩ができました。

・お値段がもう少し手頃だと助かります。

・1日と15日の盛り塩が楽になりました。

・毎月気が引き締まります。

八角盛塩セットはこちらです。

まとめ

口コミにもありましたが、この商品は説明書に「湿らせて」とあるそうですが、濡らさない方がうまく作れるとの事です。

あと、少し大きめの盛り塩ができるそうなので「商売をされている方向き」の盛り塩なのかなと思いました。

もちろん、一般のご家庭の厄除けにも最適だと思うので、是非、沢山作って、色々な場所に置いてみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする