子どもの病気で欠勤が増えると仕事がクビ?そうならない事前の対策方法

生活

PR

子どもがよく病気になってしまい、そのために仕事を休まざるを得なくなることは、多くの親にとって大きな悩みです。

突然の解雇はまれですが、契約の更新がされないリスクや、職場での評価の低下といった問題が生じる可能性があります。

 

また子どもが熱を出してしまって…仕事を休むことが増えているんです…

職場での信頼を失うと、状況を改善するのが一層困難になり、場合によっては自ら退職を選択することも考えられます。

私も幼い娘がいる一人の親として、子どもの体調が悪くなるたびに不安や罪悪感を感じたことがあります。

休む連絡をする際には、いつも心が重いです。

しかし、事前に対策を取ることで、無理に仕事を休む回数を減らせるようになりました。

子どもが病気になった際に備えておくべき事前準備や、不必要に休まずに済む対策について、私の経験を基にお伝えします。

目次

子どもの病気による欠勤を減らす!効果的な3つの対策


子どもが頻繁に体調を崩し、それが仕事に影響することを心配するのは、自然なことです。

私も同じ経験をしたことがあり、その気持ちはよくわかります。

しかし、子どもが病気で休むことは決して責められるべきではありません。

病気になるのは人間の自然なことであり、そのために仕事を休むのは当然のことです。

 

子どもが病気で仕事を休むことが増えて困っています。どう対処すればよいでしょうか?

そうした悩みを持つ方々に、休みがちにならないための対策をご紹介します。

地域のサポートを活用するための準備

地元の病児保育サービスやファミリーサポートセンターを利用できるようにしておくことで、発熱などの緊急時にも慌てずに対応できるので登録をしておきましょう。

子どもが小さいうちは、病気の際だけでなく、様々な場面でファミリーサポートが必要になることが多くあります。

様々な支援サービスを上手に利用し、母親一人への負担を減らしましょう。

子どもの健康を優先して休日を過ごす

子どもが平日は保育園や幼稚園で頑張っていますので、休日は体調を最優先にして過ごすことが大切です。

風邪の兆候が見られる場合は、無理をせずにしっかり休息をとらせましょう。

大人も子どもも無理は禁物です。

休日は普段離れている時間を取り戻す良い機会ですが、小さな子どもは特に体調を崩しやすいため、何か違和感があれば休むようにしましょう。

体調不良時の早めの対応

我が家には二人の娘がおり、風邪の初期症状が見えたらすぐに耳鼻咽喉科を受診するようにしています。

軽い症状であっても、放置すると症状が悪化しやすく、熱が出ることもあります。

子どもの健康状態に敏感になり、早期に医療機関を受診することで、長期の休暇を避けることができる場合が多いです。

短期間の休暇や早退を選択することで、仕事への影響を最小限に抑えることができます。

また、子どもが体調不良時や予防的に医者にかかる場合は、事前に職場に伝えておくことも大切です。

これにより、仕事を休む際の職場への影響を軽減できます。

以上は、子どもが発熱した際に仕事を休むことを最小限に抑えるための対策です。

事前の準備と迅速な対応が、休暇を最小限に抑える鍵となります。

ただし、インフルエンザやノロウイルスのように、長期間の休養が必要な病気も存在します。

created by Rinker
¥1,320 (2024/06/22 21:36:46時点 楽天市場調べ-詳細)

このような場合は、予防や治療法について詳しく解説された参考書の活用がおすすめです。

また、長期間の休暇が必要な場合は、母親だけでなく、周囲のサポートも大切です。

子育ての責任は共有しよう!旦那にも休んでもらおう!

普段から、母親が子供の面倒を見ることを優先し、育児の大部分を自分一人で引き受けることが多いです。

全てを自分だけで行う方が効率的だと感じ、援助を求めることにためらう傾向にあります。

しかし、父親も育児において同じくらいの責任を負い、積極的に関わるべきだと言えます。

子供が病気の際には、母親だけでなく父親も休むべきです。

母親が職場での立場が不利になり、最終的には退職することになると、家庭の経済状況に悪影響を与えかねません。

このような状況を避けるためにも、予め育児の責任を共有することが重要です。

この本では、夫婦で育児を分担する方法について紹介しており、仕事と育児を両立する皆さんにとって非常に役立つ情報が詰まっています。

 

僕はフルタイムで働いているのだから、パートタイムで働く妻が休むのが当たり前だ

そう言われたらそうかなと思うこともあるかもしれません。

しかし、経済的に見ても、フルタイムで働く夫が休むことの方が実現可能な場合が多く、有給休暇を活用すれば給与の減少を避けることが可能です。

子供がぐずることは日常茶飯事で、これまで母親は多くの困難に直面してきました。

父親も同じように困難に立ち向かい、子供から信頼を得るべきです。

子供の看病は、心理的にも母親に大きな負担を与えます。

完全に仕事を休むことが難しい場合でも、上司に相談して、少しでも負担を軽減することが望まれます。

この機会に、夫婦で育児の負担をどのように分担するか話し合ってみてはいかがでしょうか?

子供が急に体調を崩した時に休むことへの理解が得やすい職場環境

子供が急に熱を出したり体調を崩したりして、仕事を休まざるを得なくなった時、職場からの理解はその職場に大きく左右されます。

この場合、職種よりも職場の雰囲気や方針がより重要であることが分かります。

自分の勤務先がどのように対応するかを把握するためのポイントを紹介します。

●理解しやすい職場の特徴

・従業員が多い

人手が多いと、子供の体調不良で休む際に代わりの人を見つけやすくなります。

・同じ年代の同僚が多い

共通の生活経験を持つ同僚が多いと、お互いに支え合いやすくなります。

・年配の従業員が多い

年配の従業員は、子や孫を思う気持ちで理解と協力を示してくれることが多いです。

私の勤務先では、同じ状況にある同僚が多く、お互いに支援し合いながら、仕事を休む際、助け合いながら良好な職場環境を保っています。

もしあなたの職場がこのような環境でないなら、職場の環境改善や転職を考えるのも一つの手かもしれません。

子供が体調不良で急に休む必要がある時、職場にどう伝えるか

子供が急に体調を崩したときに職場に連絡することは、緊張を伴うものです。

 

大切なミーティングの日に限って…

不幸にも体調不良は最も都合の悪い時に発生することがよくあります。

親としての責任を果たすためにも、勇気を持って連絡を入れましょう。

以下は、職場に悪い印象を与えずに休むためのポイントです。

●連絡のポイント

・開始時間の10分前には電話で連絡する

可能であれば、メールやLINEでも良いですが、直接電話で伝える方が望ましいです。

勤務開始前に一度電話し、繋がらなければ再度かけましょう。

・謝罪から始める

「大変申し訳ございませんが、」と始めて、突然の休みで迷惑をかけることを謝罪します。

・理由を簡潔に伝える

子供の体調の状況を手短に説明しましょう。

・当日の業務や引き継ぎ事項を伝える

休む日の業務スケジュールと、可能であればその後数日間の業務の段取りを伝えることも重要です。

職場に休むことを伝えるのは、必ずしも簡単ではありませんが、正直に状況を説明し、謝罪することが大切です。

そして、職場に戻った際には、感謝の意を示し、業務をしっかりとこなすことで責任感を持って行動しましょう。

また、自分が休んだ分をカバーしてくれた人への感謝の気持ちを忘れず、今後誰かが休むことになった際には、積極的に業務を引き受ける姿勢を見せることも大切です。

休む連絡をした後は、気持ちを切り替えて、子供の看病や共に過ごす時間を大切にしましょう。

子供の体調不良は予期せぬものですが、職場とのコミュニケーションを適切に行うことで、仕事と家庭のバランスを保つことが可能です。

仕事と家庭の双方において、理解と協力を得るためには、日頃からの信頼関係の構築が不可欠です。

職場での信頼を築き、家庭生活を支えるための対策を講じることで、どちらの責任も果たしていくことが大切ですね。

子育てと仕事の両立を実現するための転職もあり!?

子供が急に病気になるなどして、仕事を休まざるを得ない状況に直面した時、職場を変える選択をする人もいます。

私自身、長女が小さいときには、育児休暇から戻った際にフルタイム勤務を辞めて、パートでの再就職を選びました。

その後、異なる職場に移る際も、フルタイム勤務ではなく、パートを選択しました。

これらの経験を踏まえ、子育て中にフルタイムまたはパートで働くことの違いをお伝えしたいと思います。

・フルタイム勤務の場合

収入が安定し、子供の教育などに投資する余裕が生まれます。

これは家庭にとって大きなメリットです。

自分のキャリアを築き上げることが可能で、子供にも努力の大切さを教える良い機会になります。

有給休暇や子の看護休暇など、福利厚生が充実しています。

仕事の責任が大きくなり、子供が病気の際に休みづらくなることがあります。

残業や持ち帰り仕事の発生する可能性があります。

・パートで働く場合

勤務時間が明確で、予期せぬ残業が少ないです。

仕事は基本的に勤務時間内に完結し、持ち帰りの仕事はほぼありません。

同じように働く人が多いため、休みやすく、交代を頼みやすいです。

ただ収入が不安定で、休むと収入が減るため、経済的な不安が伴います。

キャリア形成が難しく、転職時に経験を活かしにくいことがあります。

パートをしている現在でも、フルタイムで働く母親たちを尊敬しています。

社会全体で働く女性を支援し、もっと柔軟な働き方を実現できるようになればと思います。

子育てと仕事の両立は、個々の状況に合わせた柔軟な働き方が可能な環境が必要です。

理解と支援を深めることで、すべての働く人にとって理想的な状況を生み出すことができます。

まとめ

子供の体調不良で頻繁に休むことは、すぐに解雇されるわけではありませんが、契約更新時に契約終了のリスクがあることを覚悟する必要があります。

地域が提供する支援サービスに事前に登録するなど、頻繁な休みを避けるための準備をすることが効果的です。

平日は保育園や幼稚園で頑張る子供たちのために、週末は体を休める時間をしっかりと取ることが重要です。

子供が病気になった際は、症状が悪化する前に早めに医療機関を受診し、不必要な休みを避けましょう。

子供が発熱して複数日休む必要がある場合は、夫婦で交替して休むことで、育児の負担を分散させ、精神的なストレスを軽減することができます。

子供の発熱に理解が得やすい職場は、スタッフが豊富にいる場所、年配の従業員がいる職場、またはチームワークが強い職場だと助かりますね。

子供が体調不良で休む場合、上司には直接電話で状況を報告することが望ましいです。

休む際の連絡では、まずは謝罪し、その後子供の状態と仕事の引き継ぎ計画について伝えましょう。

普段から書類を整理し、スケジュールを共有しておくことで、休んだ際にチームに負担をかけにくくなります。

職場に戻った際は、支援してくれた同僚に感謝の気持ちを伝え、仕事で恩返しの意欲を示しましょう。

休む連絡をした後は、リフレッシュして子供との時間を価値あるものにしましょう。

仕事と子育てのバランスは、正社員でもパートタイムでも、課題が多いものです。

周囲の支援を活用し、仕事と育児の両方を楽しむことができれば、それは大変素晴らしいことです。

子供の病気で休む際には罪悪感を持つこともあるかもしれませんが、自分を責める必要はありません。

この休息を大切にし、子供がしっかり休むことを優先し、復帰後は前向きに取り組みましょう。

タイトルとURLをコピーしました